Blog article
投稿日:
2019.10.30

グーグルハネムーンとエイジングフィルターと日々のホームページの記事更新

日本初のウェブサイトは1992年9月30日とのこと。
簡素な文字だけのウェブサイトでした。

グーグルハネムーンとは

ドメインを新規登録したてのころは、グーグル検索に好かれる傾向にあります。
さらに、多くのページを一気に公開することで、ハネムーンが発動します。

綺麗にあがりますね。
グーグルハネムーンの間はマリオのスター状態と言っても過言ではないでしょう。
常にアクセスするユーザーがいます。

アフィリエイターの方だと、この期間働かなくてもいいんじゃないか。
と錯覚するくらい売れます。

しかし、ハネムーンにも終わりはあります。
この終わりを最小限にするか、底辺まで下がるかはやる気しだい。

グーグルハネムーン中にしておくこと

  • ページ内容とマッチしたタイトルになっているか
  • ユーザーが知りたいことが過不足なく記述されているか
  • 記事の内部リンクの見直し

などなど。色々ありますね。

とはいっても、これは日々更新するのに当たり前のことですが、
あえて見直してみましょう!

エイジングフィルターもよろしく

エイジングフィルターにかかると、一定期間検索結果に埋もれてしまうという。
悲しい現象がおきます。

比較的若いサイトに多いので、ここでやめちゃう人多いかもしれません。
終わりはありますので、エイジングフィルターにかかっても、定期的に更新はしましょう。

ウェブサイト立ち上げ時のアクセス数に一喜一憂しない

せっかくホームページ作ったのに〜。と一喜一憂して、更新をやめないでください。
継続こそ力。ウェブサイト運営では如実にそれが出るでしょう。

記事はユーザーの知りたい情報、伝えたい情報をうまく記事に盛り込むのがよいです。
詳しくはお問い合わせください。(にっこり)

【関連記事】

たかはし
この記事を書いた人:たかはし
ウェブデザイナー・ウェブ解析士

こちらの記事もオススメです

こういう仕事をしてます

SNSもよろしくね