Blog article
投稿日:
2019.07.24
更新日:
2019.08.17

ロリポップに設置してるワードプレスで403!プラグインの設定を更新すると表示される403の回避方法

いろいろなサーバーを触る機会が多いのは、
経験としてとてもいいことだと思ってます。

ロリポップとは?

ホームページを見るには、ファイルをサーバーというところに置く必要があり、
そのサーバーの会社の1つ。

昔はワンコイン(500円)で借りられるサーバー!安い!
でしたが、最近はもっと安いサーバーがあります。

プラグインを更新したら403

よく使うであろう、お問い合わせのプラグイン「contactform7」や、
関連記事を表示させる「YARPP」を設定して保存すると、
なぜか、「403エラー。現在、このページへのアクセスは禁止されています。サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。」
と言われます。サイト管理者なのにアクセス禁止とは!と思われるでしょうが、
落ち着いて権限などが適切か確認してみましょう。

WAFを無効にする

ロリポップサーバーにログインしてみましょう。
左メニューの「セキュリティ」から、WAF設定を押しましょう。
設定変更から、無効にする。を押します。

5分〜10分お待ちください。

どうでしょう、プラグインの設定が正常に保存できます。
数量後はすぐに!WAF設定を元に戻してください!(有効にする)!

.htaccessで更新を許可する

.htaccessで、下の文を記述しておけば、いちいちWAF設定を無効にする必要はありません。

SiteGuard_User_ExcludeSig xxx

xxxの部分はシグネチャを記入するようです。

シグネチャは、「無効にする」ボタンの隣にある、「ログ参照」ボタンをクリックすると、
今回ブロックしたログでてくるので、それで確認できます。
一番下の記号英数字

今回の場合だと
SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-9
になります。

これで、contactform7に関しては403を返すことがなくなるでしょう。

色々なサーバーがありますが、色々な癖がありますね。

【関連記事】

たかはし
この記事を書いた人:たかはし
ウェブデザイナー・ウェブ解析士

こちらの記事もオススメです

こういう仕事をしてます

SNSもよろしくね