Blog article

実写版アラジンを観てきた!作品の魅力を紹介します【ネタバレなし】

こんばんは、ディズニーもジブリも大好きなマリナです。

あなたの好きなディズニー映画は何ですか?

わたしは、「」です!その次が「塔の上のラプンツェル」ですね。

アラジンはわたしが小さい頃にいちばん大好きだったディズニー映画で、すっごく思い出深い作品。

そんな思い出の映画が、なんと実写版が公開されることになり、大歓喜!

ということで、アラジンの実写版を観に行ってきました( ´ ▽ ` )

作品の魅力についてレポしていきますよ〜!

実写版アラジンの魅力

実写版アラジンの魅力のイチオシは、4つです!

本当はもっとあるのですが、長編になってしまうので泣く泣く4つにしました。笑

ジーニー役がまさかのウィル・スミスだけど、違和感なし

ランプの魔人のジーニー役はCGかと思いきや、まさかのウィル・スミスが担当。

親しみやすいキャラが、ジーニーのイメージとぴったりだったのかも。

ウィル・スミスの持ち前の表現力で、魔人の姿でも違和感なくジーニー感が再現されていましたよ〜!

とにかく豪華絢爛!ジャスミンが美しい

ジャスミンの衣装だったり、王宮の雰囲気など、どこを観ても美しい演出に目を奪われます。

特に、アラジンがジーニーの魔法でアリ王子に扮して、ジャスミン王女に会うために王宮へ向かうシーンは、豪華すぎる演出に圧倒されました。

そしてジャスミン役のナオミ・スコットがイメージにぴったり過ぎる!

どの角度から見ても美しくて、うっとりしてしまいました。

原作にはない、ジャスミンの葛藤を描く歌「スピーチレス」が話題に

実写版では、原作にはなかったジャスミンのソロ曲があり、話題を呼んでいます。

「声を上げよう!負けない、力の限り叫べ!!」と力強く歌い上げるシーンは、思わず胸を打たれたという人も多数!

原作のジャスミンがもう少し気が強くて活発なイメージのですが、実写版では「芯の強さ」が濃く描かれていました。

そんなジャスミンの芯の強さを表現した「スピーチレス」は、実写版ならではの魅力と言えますね。

不自然にならない形でオリジナル要素が取り入れらている

実写版は、原作を大事にしつつも、ところどころオリジナル要素が取り入れています。

例えば、オープニングの展開が違っていたり、王宮でダンスシーンがあったり、原作にはいないキャラクターがいるなどです。

実写版の怖いところって、オリジナル要素に対して「原作とちがう」「コレジャナイ感」があると思うのですが、実写版は不自然にならないように配慮されています。

「なんかこれ、アラジンじゃない」感を極力出さないように、オリジナルを入れつつも、締めもうまくまとまっていました。

だから原作を見た後でも、見る前でも違和感なく楽しめると思います!

実写版アラジン、ぜひ観にいってみて!

以上、実写版アラジンの魅力でしたー!

アラジンを観たことがない人でも楽しめる作品で、そのあとに原作を観てみるのもおもしろいでしょう。

アラジンは3部作になっているので、続編の実写版も期待しつつ、もうブルーレイ販売が待ち遠しいマリナでした。

それではっ

【関連記事】

マリナ
この記事を書いた人:マリナ
コーダー・ライター
おすすめの記事
タグ
SNSもよろしくね