Blog 2018.07.16

北見のカーリング場「アドヴィックス常呂カーリングホール」でカーリング初体験

見るのとやるのとでは、全然違う。
やっぱり難しいです。

向こうのハウス(ダーツのマトみたいな所)まで遠い!

オリンピックでは応援しておりましたが、
テレビの中継って投げる人と、ハウスの真上映像ばっかりだから、
いまいち距離感が無いのだけど、実際見て見ると結構遠いです。

力はいらないテクニカルなスポーツ

運動神経にはほどほど自信のある私ですが、これがやってみるとやっぱり難しい。

テレビ中継とか、スィ〜〜〜って移動するじゃないですか、無理です。
足が生まれたての子鹿みたいにプルプルします。

なんやかんや優しいイケメンスタッフからレクチャーを受けて投げられる所までは行きますが、
投げるのも投げるので難しすぎる。

遠いから、ちょっとストーンを押すとめちゃくちゃ滑ります。
全然ハウス内で止まってくれない!
オリンピックでみた「ヤップ!」とか「ウォー!」とかいりません。
ただただ高速で滑るストーンを苦笑いで眺めるだけ・・・。

まだハウスで止められる止められないのところで終わってしまいましたが、
これが止められるようになるとテクニカルやタクティカルの差が出てきて、難しいんだろうと思います。

アクセス

住所:北海道北見市常呂町土佐2−2
開館時間:10時~22時
休館日:月曜日
電話:0152-54-1099

やっぱりLS北見ってすごいね。そだねー。

簡単そうにみえて、難しい。
やればやるほど奥がとっても深い、そんなスポーツです。

ミュージアムなんかも飾ってあって、LS北見好きには聖地なんじゃないでしょうか。
一般の方も入れると思います。
運がよければ、ロコソラーレ北見の練習風景が見られるかも。

ちなみに、鈴木夕湖選手と大森トレーナーもいらっしゃいました。

道具とかもレンタルしているみたいなので、
北見に遊びにきた時には、体験してみてください。

【関連記事】

たかはし
この記事を書いた人:たかはし
タグ
おすすめの記事
こちらもご覧ください