Blog article
投稿日:
2019.04.18

梅沢富美男劇団 特別公演で笑いあり・涙ありの人情劇、艶やかな女形を堪能して来た!

こんばんは、最近歌舞伎と相撲が気になるマリナです。

昨日、梅沢富美男さん率いる大衆演劇一座「梅沢富美男劇団 特別公演」に行って来ました!

テレビではトーク番組のご意見番、俳句の人などの印象が強いですよね。

私もそこから入って隠れファンになったタチですが、今回北見市に来られるということで、日本を代表する大衆演劇を見てみたい!と思い行って来ました。

大衆演劇とは?

日本の演劇におけるジャンルの1つで、一般大衆を観客とする庶民的な演劇。

大衆演劇の舞台は、芝居と舞踊・歌謡ショーの2部から3部構成が一般的で、内容は次のような感じです。

芝居:人情劇、喜劇、剣劇などの時代劇が中心で、勧善懲悪をベースにしたわかりやすいストーリーが魅力。

歌謡ショー・舞踊ショー:日舞を基本とし演歌や歌謡曲にのせて踊ったり歌ったり。

一番の魅力は男性が女性を演じる「女形」で、男性とは思えない艶かしい舞踊を堪能することができますよ〜!

初の梅沢富美男劇団 特別公演へ

第一部:人情時代劇

第一部の梅沢富美男は滑稽なお父さん役で、登場シーンでまず笑えました。

父親と娘、息子の3人の貧しい家庭で暮らしていたところ、突然19年前の知り合いがやって来て、衝撃の展開になる・・という内容で、コメディメインで笑いつつも、最後はホロリと来るような締め。

そしてすごく嬉しかったのが、セリフの中に「北見駅」「そだねー」など、北見に関連するワードがちらほら!

より親しみを持って楽しむことができました。

第二部:梅沢富美男オンステージ(歌謡ショー)

代表曲「夢芝居」から始まり、カバー曲のほか、特別ゲストとして門戸竜二さんの歌謡ショーも披露されました。

そして合間のトークでは、梅沢富美男節が炸裂!

社会風刺ネタ満載、時にちょっとお色気ネタも織り交ぜつつ、観客も大笑いでした。

第三部:お待ちかね!華の舞踊絵巻(舞踊ショー)

これを楽しみにして来たんですよねー!

緞帳が上がり、パッと照明が明るくなった瞬間、女形姿の梅沢富美男さんが・・・!

夢芝居のBGMにのせて、舞踊が始まり・・・あまりの美しさに見とれてしまいました・・・・・・・。

あの普段のいかつい雰囲気がどうしたらこんなに艶やかな美女になるんでしょうね・・・。

所作の1つ1つが綺麗で、時折見せる流し目もたまらなく艶やかでした。

舞踊ショーは勝手なイメージで終始ゆったりなのかなと思っていましたが、テンポのいい曲や、和の要素は残しつつも現代音楽チックな楽曲もあり、初めてでも親しみやすい内容です。

全体的にテンポが良くあっという間の時間で、豪華絢爛なショーに心を奪われるたまらないひと時でした。

つい、グッズも買ってしまいました。笑

大衆演劇を観たことがない私でも楽しめる内容だったので、ぜひぜひまた来られる機会に行ってみては??

それではっ

【関連記事】

マリナ
この記事を書いた人:マリナ
コーダー・ライター

こちらの記事もオススメです

こういう仕事をしてます

SNSもよろしくね