Blog article

ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変える時に備えるモノ

ランフラットからノーマル

最近の車あるある。最近の車はスペアタイヤが無い。
国産車はちゃんとキットが搭載されているらしいのですが、
たまにランフラットタイヤを履いて、キットが何もない車があります。

ランフラットタイヤとは、タイヤがパンクしても80km/h以内であれば、
そのまま運転できる、とても画期的なタイヤ。
映画「トランスポーター」で、タイヤを銃で撃って、
「パンクしても走り続けてるわ!あれはランフラットタイヤね!」なんてシーンがあったような。
銃で撃っても大丈夫か否かはさておき。(なかったらごめんなさい)

つまり、ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変えた場合、
パンクした時に対処する手立てがない!丸腰状態!というわけです。。。

だったら、ランフラット買えば。と思われるかと思いますが、
ノーマルタイヤに比べて1本1万円ほど高いんです。。。
1万くらいケチるなよ!と言われる方もいるかと思いますが、
ワタクシ的には白目を剥くほどの金額になります。。。

というわけで、ノーマルタイヤにするなら、
ホーマックなどのホームセンターにうってるパンク修理剤をかいましょう。
わたくしはAmazonで買いました。


これは一番大きいサイズなのですがサイズに応じて、大中小とあるみたいです。
公式サイトに、タイヤサイズに適した商品を検索できるページあります。

ランフラットからノーマル2

使い方は、ささった釘などを抜いて、これを入れろ!
と、とても簡単に説明されてますが、
いざ、パンクした時に簡単に使えれるのでしょうか。

それと1本しか買ってないんですが、
2本同時にパンクした時、何もできなくなるのではないかと、今になって思いました。
何はともあれ、パンクしないように気をつけて乗らなきゃ。と心に誓いました。

後ろに映ってる赤いのは、雪道でスタックした(ハマった)時に使用するアイテム。
去年、ハマって道行く人に助けて頂いたという経緯があるのですが、
大変申し訳ないと思い、せめて自力で出られるようにと買いました。

使い方はこんな感じです。

使い捨てかいっ!!!!

それでもどうしようもなくなったら、スプレー式チェーンでも吹きかけてやろうと思い購入。
ただ、タイヤが真っ白?になるらしいので最終手段に。

これで冬は怖くない!はず?

【関連記事】

たかはし
この記事を書いた人:たかはし
おすすめの記事
タグ
SNSもよろしくね