Blog 2018.01.18

美唄のソウルフード「角屋のやきそば」を袋に入ったまま食べる

角屋の焼きそば

美唄に行くことがあったので、焼き鳥以外のご当地グルメも堪能。
焼き鳥がすごくうまかったので、とっても期待してます。

なぜ、袋の焼きそばなのか

昔炭鉱が栄えてたころ、鉱員の手が汚れていたことを考慮し、
袋からすぐかぶり付くこのスタイルとなったらしい。

テレビで紹介されたらしい

袋の焼きそば
過去に「ケンミンショー」や「めざましTV」で紹介されて、
売り上げがものすごい上がったらしい。

北見の厳寒焼肉も、ケンミンショーで取り上げてもらって人増えたから、
あの番組何気にすごい地方貢献番組なのかも。

ちなみに、美唄以外でも買えるらしい。
北見でも売ってるのかな?

アンテナショップで購入

地元のスーパーなどで売られているらしいが、アンテナショップPiPa(ピパ)で購入した。
買った時は暑かったので保管がすごい心配。
たぶん、真夏にクーラボックスなしで北見市までもどったら痛んでるでしょう。

感想

袋の焼きそばかぶりつき
袋をやぶってそのままかぶりつく!!これがスタンダードな食べ方!
特にうまいとかないです。冷たい焼きそば。です。

100円(税別)で、このボリュームならお子さんが喜ぶだろう。
部活帰りの子供とかがよく食べているらしいです。

フライパンで温めて食べることが推奨されているみたいなので、
本当の味を味わいたいのなら、温めるとよいかもしれません。

また、今回ノーマルの焼きそばですが、黒いものなど何種類かありました。

北見の塩焼きそばもこの形にして、高校の売店とかに置いたらいいのではないだろうか。

【関連記事】

たかはし
この記事を書いた人:たかはし
タグ
おすすめの記事
こちらもご覧ください