Blog 2014.10.17

初心者ですが一眼レフの道具や保存に使うモノ買いました。

ドライボックス

カメラって本体だけでも高いくせに、
その他もろもろでめっちゃ金かかるやん!

色々調べて、一眼レフはカビとかホコリだとか、
そういうにデリケートらしい。
んで、保湿庫ないしドライボックスというのが必要らしい。
携帯みたいにポイッて置いといたらダメのようだ。

ザッと今回買ったものご紹介。

湿気から守ってくれる頼れる大きなタッパーウェア。
ハクバのドライボックス15L

このままだと仕切りがなく、中で暴れるのでインナーボックスのTYPE-G!
TYPE-Hも同じカタチなのですが、一回り大きいので、
ドライボックスの仕切りとして使いたい場合は絶対TYPE-Gを買いましょう!
HAKUBA インナーボックス インナーソフトボックス TYPE-G

TYPE-Gが廃版になってしまい、新商品らしいですが400がサイズ的に適当なのかと。。。
ただ買って合わせてみたわけじゃないので、自己責任でお願いします。。。m(_ _)m

しまう前にブロワーでシュコシュコ。
似たようなのがカメラのキタムラで500円くらいで売ってました。
HAKUBA シリコン ブロアー

その後でカメラに付いたホコリを落としたり、皮脂を落としたり。
カメラのレンズを拭くためのものでもあります。
HAKUBA レンズペン2 【レンズ用】

拭くもの必要らしいので、色々調べてこれにしました。
時計屋さんの道具らしいです。
超極細繊維・高級クリーニングクロス

画面などが傷つかないようにしたい人は必須。
Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Canon EOS 70D用

光が入ってくるのでレンズフードはあったほうがいいらしいので買ってみました。
安いレンズフードもあるのですが、純正のほうがカチッとハマるらしいので純正買いました。
ES-62は【EF50mm F1.8 II】用のレンズフード。
EW-73Bはキットレンズに付いていた【EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM】用の花形レンズフード。

Canon レンズフード ES-62

Canon レンズフード EW-73B

プロテクターを付ける付けないは人それぞれですが、
これのお陰でレンズが割れなくて済んだ!という方もいるらしいので付けておく事にしました。
ネットで調べた限りNEOとPRO1Dの何が違うのかよくわからなかったのですが、
とりあえず、ケラレ(角の四隅が黒くなる)の心配がないということでNEOに。
若干汚れやすいとの事なので、先ほどのレンズペンで使い終わった後フキフキしてます。
52mmは【EF50mm F1.8 II】のプロテクター。
67mmはキットレンズに付いていた【EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM】用のプロテクター。

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 52mm

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 67mm

最後に、SDカードですが安くていいかなー。
とか思ってたのですが、最近クラスとかスピードとか何か色々あるんですね。
32くらいあればいいかなーと思ってたのですが調べてみると、
『32欲しいなら16を2枚買うのがいい!』との事でした、
出先で、一つのカードが壊れても、もう一つあれば安心だから。との事。
でも、二つ買ったらそのケースいるじゃん。と思い、32G一個買いました。
お金に余裕がある方は、上記のような買い方で更に日本製を選ぶとよいらしいです。

速度は保存時に若干の違いがあるらしいですが体感できる日はくるのでしょうか。
連写だと差が出るらしいですが。

なんだかんだ金かかりますね。想定外。(´・ω・`)

中身こんな感じです

中身こんな感じにしてみました。

【関連記事】

たかはし
この記事を書いた人:たかはし
タグ
おすすめの記事
こちらもご覧ください